新商品 CL-HIKARi

「家の押し入れが防災シェルターに!」お客様の要望から開発された新商品「CLヒカリ」

 

 

各市町村役場

災害対策の

御担当者様へ!

「津波シェルターHIKARiはよく聞くので知っているけど、あのシェルターは

津波救命艇ガイドラインに準拠している製品じゃないから…」

なんて思っていませんか?

大切なお知らせが有りますので、至急このPDFファイルを御一読下さい!

家屋倒壊や津波・土石流災害を心配されている一般の方も、宜しければ

是非御一読下さい。色々と参考になる資料だと思います。

 

ダウンロードはこちら

各自治体向け 津波シェルター助成対象認定検討依頼文書
tsunami_shelter.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 552.6 KB
 

お問い合わせ窓口

津波シェルター「ヒカリ」

・資料/パンフレット請求

・お見積もり依頼(無料)

・取材、販売店のご相談

を受け付けております。

津波シェルター ヒカリ
津波シェルター販売店
地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
価格や商品の特長

地震・津波シェルター「ヒカリ」HIKARiの特長
地震・津波シェルター「ヒカリ」価格・料金・値段
地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
特許情報

津波シェルターHIKARiヒカリ特許証
津波シェルターHIKARi 特許証

特許登録済

第5579336号

意匠登録 第1472794号

商標登録 第5572986号

実用新案登録 第3180913号

⇒特許等の詳細情報

  

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

テレビ番組で紹介

2014/5/10 テレビ朝日

みんなの疑問 ニュースなぜ太郎

テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介

南海トラフ地震の防災対策として紹介。完全防水、大人4人用、家屋倒壊に備える耐荷重強度22トン、といった基本的な特長に加え、津波浸水の中を安全に避難するための独自スイング機能(内部床のスライド方式)も紹介されました。

⇒放送内容の説明を見る

⇒Facebookで録画を見る

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
耐久力試験を公開中

耐荷重22.4トンを記録!

津波シェルターヒカリの対荷重強度試験

8/20実施 日本大学生産工学部(千葉県習志野市)での耐久力試験で、自動車20台分の「22.4トン」の重量に耐えることを確認。財形新聞ニュースマイナビニュースgooニュースなど多数掲載。

⇒対荷重強度テストの詳細

 

100kg鉄柱が激突

防災・地震・津波シェルター「HIKARi(ヒカリ)」

重さ100kgの尖った鉄柱を落下させ、シェルター「ヒカリ」に衝突させる実験。

大地震で家屋や瓦礫がシェルターに降ってくる状況を想定。

⇒衝撃試験動画(等速)

⇒衝撃試験動画(スロー)

⇒耐久力試験の詳細内容

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
製造・販売

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

株式会社 光レジン工業

〒191-0011

東京都日野市日野本町4-10-23

TEL: 042-584-5797(代表)

FAX: 042-584-5786

〒191-0011 東京都日野市日野本町4-10-23

TEL: 042-584-5797(代表)

FAX: 042-584-5786

MAIL: info@shelter-hikari.com

光レジン工業 企業サイト

津波シェルター公式ブログ

津波シェルターFacebook

津波シェルターTwitter

 

コンテンツ一覧

ホーム > ニュース > 2014年5月10日

テレビ朝日「みんなの疑問 ニュースなぜ太郎」で紹介

テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介
テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介

2014年5月10日、テレビ朝日の情報番組「みんなの疑問 ニュースなぜ太郎」(朝6時〜8時)にて、光レジン工業の「津波シェルターHIKARi」が紹介されました。

 

番組の中では、南海トラフ地震などの大災害に、公共の防災施設に頼らずに自宅や職場で備えるための、画期的な防災商品として紹介されました。

 

特長としては、完全防水であること、大人4人が避難できる大きさ、家屋倒壊にも耐えうる耐荷重強度22トンの耐久力を持ち、値段は税込価格54万円という点がポイントとして挙げられています。

 

Facebookでテレビ放映動画を公開中

テレビ朝日様の許可を頂いて、テレビでの放映内容を動画で紹介しています。

Facebookに登録していない方でも視聴できますので、ぜひご覧下さい!

 

⇒Facebookで動画を見る

 

番組内容を写真で紹介

テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介
テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介
テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介
テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介
テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介
テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介
テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介
テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介
テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介
テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介
テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介
テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介
テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介
テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介
テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介

<番組内容>

 

 

2014年5月10日午前6時、みんなの疑問「ニュースなぜ太郎」

 

 

司会はTOKIOの城島茂さんと、タレント、気象予報士の石原良純さん

 

 

ゲストコメンテーターは、元プロテニスプレーヤーの杉山愛さん

 

 

まずは先週の関東地方で起きた地震についての振り返りです。

 

 

5月5日午前5時18分頃、東京都千代田区で震度5弱を記録。

 

 

地震発生時、テレビ朝日では早朝のニュース番組「グッドモーニング」放送中ですが、スタジオでもかなり大きな揺れを感じる地震でした。

 

 

東京都内で震度5弱以上の地震を観測するのは、あの2011年3月11日の東日本大震災以来、およそ3年ぶりのことです。

 

 

この地震について、気象庁の発表は、

「直接、今後の首都直下型の地震、あるいは、相模トラフ地震、南海トラフ地震に対して、今のところ、関連性は薄いものと判断しています」

というものでした。

 

 

今回、揺れは大きかったものの、津波の心配も無く、また、首都直下型地震、相模トラフ地震との関連は薄いということで一安心でした。

 

 

しかし改めて、大地震への防災の備えの必要性を感じる一件ではありました。

 

 

今日は、自分自身で地震や津波から身を守る驚きの方法として、ニュースなぜ太郎の独自取材による情報をお届けいたします。

 

 

やってきたのは、神奈川県厚木市にある、地震対策の製品を製造、販売する光レジン工業です。

 

 

こちらのオレンジ色の球体は、地震対策用の製品として、2011年に開発され、現在は市販もされている商品。

 

 

東日本大震災の教訓から誕生したものです。

 

 

杉山さん、この球体、何だかわかりますか?制限時間は5秒です!

 

 

(杉山さん)えー、何だろう・・・シェルター、みたいな感じですかね?

 

 

はい・・・答えは、CMの後です!(CM)

 

 

地震対策用に開発されたこの球体の正体は・・・

 

 

(光レジン工業の大野社長が、球体の中から出てくる)

 

 

実はこの球体、地震による津波や家屋倒壊から身を守るための防災シェルターなんです。

 

 

杉山さん、正解です!

 

 

地震による犠牲者の多くは、家屋の倒壊と、津波です。

 

 

内閣府の発表によると、南海トラフ地震が起きた場合、三重県など10の都道府県で、震度7以上の非常に大きな地震が発生。

 

 

津波に関しては、最大、34メートルの津波が発生すると想定されているんです。

 

 

このシェルターは、直径120センチの球体。

 

 

大人が4人避難できる大きさなんです。

 

 

そしてこちらの映像は、防水実験の様子です。

 

 

(相模川で津波シェルターヒカリを流す防水性能実験の映像)

 

 

シェルターは完全防水となっています。そして、水に流されて、回転することもあるのですが、、

 

 

(スイング機能の実験映像が流れる)

 

 

水に流されてシェルターが回転しても、内部の床がスライドして、シェルターの内部は回らないしくみになっているんです。

 

 

そして、注目すべきは、このシェルターの耐久性です。

 

 

大地震で、木造2階建て、4LDKの家屋が倒壊すると、1階部分にかかる重さは、約10トンもの荷重の下敷きになると言われています。

 

 

(圧力実験の画像)このシェルターに上から圧力をかけ、重さへの耐久性の実験をしてみたところ、重さ22トンを超えたところで、機械がストップしました。

 

 

これ以上の重さをかけると、シェルターが壊れてしまう可能性があるということでした。

 

 

つまり、22トンまでの荷重であればシェルターは耐えられるという結果になったのです。

 

 

で、このシェルター、気になるお値段は、、、ということですが、税込みで、54万円、ということでした。

 

 

・・・・・・・・・・

 

 

(光レジン工業 大野社長のインタビュー)

大地震、津波発生の際の避難方法は、基本的には、すぐに高台に避難すべき、というのが大前提だと思います。

 

 

しかし、現実的には、そういう避難ができない人々もいらっしゃると思います。

 

 

それは距離的な問題ですとか、体力的な問題ですとか、いろいろあるのだと思います。

 

 

そういった理由があって避難できない方々、地域の方々には、津波シェルターのような商品があるとよいのではないかと思います。

 

 

(終わり)


津波シェルター「ヒカリ」公式サイト コンテンツ一覧

津波シェルター「ヒカリ」製造・販売 光レジン工業株式会社

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

〒191-0011 東京都日野市日野本町4-10-23

TEL: 042-584-5797(代表)

FAX: 042-584-5786

MAIL: info@shelter-hikari.com

光レジン工業 企業サイト

津波シェルターHIKARi(ヒカリ)公式ブログ

津波シェルターHIKARi(ヒカリ)Facebook

津波シェルターHIKARi(ヒカリ)Twitter

 

PR

PR

PR