新商品 CL-HIKARi

「家の押し入れが防災シェルターに!」お客様の要望から開発された新商品「CLヒカリ」

 

 

各市町村役場

災害対策の

御担当者様へ!

「津波シェルターHIKARiはよく聞くので知っているけど、あのシェルターは

津波救命艇ガイドラインに準拠している製品じゃないから…」

なんて思っていませんか?

大切なお知らせが有りますので、至急このPDFファイルを御一読下さい!

家屋倒壊や津波・土石流災害を心配されている一般の方も、宜しければ

是非御一読下さい。色々と参考になる資料だと思います。

 

ダウンロードはこちら

各自治体向け 津波シェルター助成対象認定検討依頼文書
tsunami_shelter.pdf
PDFファイル 552.6 KB
 

お問い合わせ窓口

津波シェルター「ヒカリ」

・資料/パンフレット請求

・お見積もり依頼(無料)

・取材、販売店のご相談

を受け付けております。

津波シェルター ヒカリ
津波シェルター販売店
地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
価格や商品の特長

地震・津波シェルター「ヒカリ」HIKARiの特長
地震・津波シェルター「ヒカリ」価格・料金・値段
地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
特許情報

津波シェルターHIKARiヒカリ特許証
津波シェルターHIKARi 特許証

特許登録済

第5579336号

意匠登録 第1472794号

商標登録 第5572986号

実用新案登録 第3180913号

⇒特許等の詳細情報

  

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

テレビ番組で紹介

2014/5/10 テレビ朝日

みんなの疑問 ニュースなぜ太郎

テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介

南海トラフ地震の防災対策として紹介。完全防水、大人4人用、家屋倒壊に備える耐荷重強度22トン、といった基本的な特長に加え、津波浸水の中を安全に避難するための独自スイング機能(内部床のスライド方式)も紹介されました。

⇒放送内容の説明を見る

⇒Facebookで録画を見る

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
耐久力試験を公開中

耐荷重22.4トンを記録!

津波シェルターヒカリの対荷重強度試験

8/20実施 日本大学生産工学部(千葉県習志野市)での耐久力試験で、自動車20台分の「22.4トン」の重量に耐えることを確認。財形新聞ニュースマイナビニュースgooニュースなど多数掲載。

⇒対荷重強度テストの詳細

 

100kg鉄柱が激突

防災・地震・津波シェルター「HIKARi(ヒカリ)」

重さ100kgの尖った鉄柱を落下させ、シェルター「ヒカリ」に衝突させる実験。

大地震で家屋や瓦礫がシェルターに降ってくる状況を想定。

⇒衝撃試験動画(等速)

⇒衝撃試験動画(スロー)

⇒耐久力試験の詳細内容

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
製造・販売

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

株式会社 光レジン工業

〒191-0011

東京都日野市日野本町4-10-23

TEL: 042-584-5797(代表)

FAX: 042-584-5786

〒191-0011 東京都日野市日野本町4-10-23

TEL: 042-584-5797(代表)

FAX: 042-584-5786

MAIL: info@shelter-hikari.com

光レジン工業 企業サイト

津波シェルター公式ブログ

津波シェルターFacebook

津波シェルターTwitter

 

コンテンツ一覧

ホーム > ニュース > 2015年3月11日を迎えて > この商品の開発目的

 

見出し画像:地震津波用防災シェルターHIKARiヒカリ

津波シェルターCLヒカリの開発目的

 

このシェルターを、土石流被害想定地域にお住まいの方や、家屋倒壊対策として導入する方を除くと、殆どの方は、この商品を「津波対策」として検討されている事と思います。  

 

私共としても、このシェルターの一番の開発目的は、「津波被害への対策」であります。  

 

下の図を御覧下さい。先の東日本大震災に関する内閣府の作成資料の一部です。

 

先の大震災では、犠牲者が集中した、いわゆるIMF(岩手・宮城・福島)三県に於ては、犠牲者の92.4%が「溺死」を要因とするとされております。

 

この「溺死」による犠牲者数に加え、「圧死・損壊死・その他」の一部も、津波による被害に含まれる事を考えれば、犠牲者の死因の殆どが「津波に被災した事」によって亡くなられた、そういう事になります。

 

東日本大震災における死因(岩手県、宮城県、福島県)
東日本大震災における死因(岩手県、宮城県、福島県)

この事は、今後発生が懸念されている「南海トラフ大地震」への対策に大きく生かされるべき教訓であると考えられます。


事実、内閣府の発表する同地震での想定犠牲者の内訳では、実に9割弱に及ぶ想定犠牲者の死因が津波への被災による死亡となっております。  


(内閣府資料)http://www.bousai.go.jp/jishin/nankai/taisaku/pdf/20120829_higai.pdf


これは、逆に言えば、津波対策をしっかりと行えば、想定犠牲者数の大部分を削減出来るという現実を示唆している訳です。  


その様な現状を踏まえ、「津波対策への貢献」が渇望される状況下、我が国の国難克服という国益に貢献する事を最大の開発目的として「防災・救命シェルターHIKARi」が開発されるに至った訳であります。  


そして、全く同じ揺れの地震が発生したとしても、想定被害に大きなバラつきが有る現実を注視する必要が有ります。


例えば、内閣府発表の資料によると、被害が最も大きいとされる「東海地方中心」のシミュレーション上では、想定犠牲者数の最大値323,000人(深夜かつ冬期)と最小値238,000人(昼間かつ夏期)の間に、何と85,000人もの差が生じています。


これは、「全く同じ揺れの地震が発生したとしても、冬の深夜に発生するのと、夏の昼間に発生するのでは、死亡者数が85,000人も違う」という、恐るべき現実です。  


従って、地震対策を検討する場合には、昼間に発生するだろうという、楽観的前提に立つ事無く、「深夜に地震が発生した場合は?」とか、「想定避難経路が寸断されていた場合の別ルートは?」といった、多面的で最悪想定に立った災害対策が大切だという事です。


これは私見ですが、地震想定の避難訓練は、必ず晴れの日の昼間に行いますよね?

本来は定期的に夜間の避難訓練もしておいた方が良いと思っています。


更にもう一つ、タブー視されている盲点が有ります。  

以下の御案内資料を御一読頂きたいと思いますが、まずは下の図を御覧下さい。



<我が国の防災、減災対策の大きな盲点>

日本の防災対策の盲点
日本の防災対策の盲点

想定犠牲者数で、32 万3 千人。あの東日本大震災の18 倍にもなる膨大な数です。

これは「対策を怠った場合の最悪のシナリオ」です。


そして、内閣府が定義する対策については、建物被害対策として主なもので3つが挙げられています。「初期消火徹底」「建物耐震化率100%」「家具の転倒防止率100%」の3つです。

そして、津波被害対策として主なもので2つ、「すぐに避難開始」「津波避難ビルを有効活用」という内容です。


この対策によって、前述の32 万3 千人の想定犠牲者数が、26 万2 千人減の、6 万1 千人まで大幅に圧縮出来るという想定内容です。


事前の対策が重要である事は言うに及ばずですが、見落としてはならない点について申し上げたいと思います。


対策を実施すると6 万1 千人…という事は、「耐震化率100%」とか「家具転倒防止率100%」といった対策が完璧に実施されるという、極めて楽観的な予測が的中したとしても、「助からない6 万1 千人」が発生してしまうという事です。


6 万1 千人という数字は、戦時中なら兎も角、平時の近代国家としては考えられない規模の犠牲者数であり、あの「東日本大震災」の3 倍以上の犠牲者数です。


この「助からない6 万1千人」について、弊社として分析した結果、とある結論に達しました。


それは「助ける方法が無い3種類の人々が、6万1千人居る」ということです。

この「3種類の人々」についての説明は、こちらの記事で詳しく説明しております。


⇒2014年3月11日記事「震災から3年、未だに重大な盲点をかかえる我が国の防災対策」


上の記事の詳細についてはここでは割愛致しますが、私どものこの「防災・救命シェルターHIKARi」は、6万1千人とも推定しうる規模の「現在の防災対策では救う方法が無い人達」への避難手段の提供と、それに加え、津波想定エリアで不測の事態が生じ、本来避難行動を執る事が出来るにも拘わらず、何等かの事情で速やかな避難行動を執る事が出来なくなってしまった方達の安全策として貢献する事を目的として、開発された訳であります。


見出し画像:地震津波用防災シェルターHIKARiヒカリ

津波シェルターCLヒカリ関連のリンク

見出し画像:地震津波用防災シェルターHIKARiヒカリ

地震/津波シェルターHIKARi公式サイト コンテンツ一覧

見出し画像:地震津波用防災シェルターHIKARiヒカリ

地震/津波シェルターHIKARi製造 (株)光レジン工業

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

〒191-0011 東京都日野市日野本町4-10-23

TEL: 042-584-5797(代表)

FAX: 042-584-5786

MAIL: info@shelter-hikari.com

光レジン工業 企業サイト

津波シェルターHIKARi(ヒカリ)公式ブログ

津波シェルターHIKARi(ヒカリ)Facebook

津波シェルターHIKARi(ヒカリ)Twitter