新商品 CL-HIKARi

「家の押し入れが防災シェルターに!」お客様の要望から開発された新商品「CLヒカリ」

 

 

各市町村役場

災害対策の

御担当者様へ!

「津波シェルターHIKARiはよく聞くので知っているけど、あのシェルターは

津波救命艇ガイドラインに準拠している製品じゃないから…」

なんて思っていませんか?

大切なお知らせが有りますので、至急このPDFファイルを御一読下さい!

家屋倒壊や津波・土石流災害を心配されている一般の方も、宜しければ

是非御一読下さい。色々と参考になる資料だと思います。

 

ダウンロードはこちら

各自治体向け 津波シェルター助成対象認定検討依頼文書
tsunami_shelter.pdf
PDFファイル 552.6 KB
 

お問い合わせ窓口

津波シェルター「ヒカリ」

・資料/パンフレット請求

・お見積もり依頼(無料)

・取材、販売店のご相談

を受け付けております。

津波シェルター ヒカリ
津波シェルター販売店
地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
価格や商品の特長

地震・津波シェルター「ヒカリ」HIKARiの特長
地震・津波シェルター「ヒカリ」価格・料金・値段
地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
特許情報

津波シェルターHIKARiヒカリ特許証
津波シェルターHIKARi 特許証

特許登録済

第5579336号

意匠登録 第1472794号

商標登録 第5572986号

実用新案登録 第3180913号

⇒特許等の詳細情報

  

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

テレビ番組で紹介

2014/5/10 テレビ朝日

みんなの疑問 ニュースなぜ太郎

テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介

南海トラフ地震の防災対策として紹介。完全防水、大人4人用、家屋倒壊に備える耐荷重強度22トン、といった基本的な特長に加え、津波浸水の中を安全に避難するための独自スイング機能(内部床のスライド方式)も紹介されました。

⇒放送内容の説明を見る

⇒Facebookで録画を見る

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
耐久力試験を公開中

耐荷重22.4トンを記録!

津波シェルターヒカリの対荷重強度試験

8/20実施 日本大学生産工学部(千葉県習志野市)での耐久力試験で、自動車20台分の「22.4トン」の重量に耐えることを確認。財形新聞ニュースマイナビニュースgooニュースなど多数掲載。

⇒対荷重強度テストの詳細

 

100kg鉄柱が激突

防災・地震・津波シェルター「HIKARi(ヒカリ)」

重さ100kgの尖った鉄柱を落下させ、シェルター「ヒカリ」に衝突させる実験。

大地震で家屋や瓦礫がシェルターに降ってくる状況を想定。

⇒衝撃試験動画(等速)

⇒衝撃試験動画(スロー)

⇒耐久力試験の詳細内容

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
製造・販売

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

株式会社 光レジン工業

〒191-0011

東京都日野市日野本町4-10-23

TEL: 042-584-5797(代表)

FAX: 042-584-5786

 

MAIL: info@shelter-hikari.com

光レジン工業 企業サイト

津波シェルター公式ブログ

津波シェルターFacebook

津波シェルターTwitter

 

コンテンツ一覧

「震災対策技術展横浜」に津波シェルターHIKARiが出展。希望者に無料招待券も進呈中。

第22回「震災対策技術展」横浜01
第22回「震災対策技術展」横浜

 2018年2月8日(木)~2月9日(金)の2日間、パシフィコ横浜(横浜市中区)にて開催される第22回「震災対策技術展」横浜に、今年も光レジン工業は防災・救命シェルターCL-HIKARi(津波シェルターCLヒカリ)を出展いたします。

 

震災技術対策展は国内の地震・自然災害対策関係者が一堂に会する日本唯一の技術見本市・シンポジウム。

地震、津波、水害、土砂災害、落雷、突風、竜巻、火山といった、自然災害へのあらゆる対策システム、対策商品が数百の企業、団体により出展されます。

 

昨今では草津白根山、山形県の蔵王、グアテマラなど世界各地での火山活動にも注目が集まっておりますが、

BCP(事業継続計画 Business continuity planning)/観測システム・機器/風速・風向計/低周波測定器といった火山の噴火災害への対策も展示されるようです。

 

 

震災対策技術展の無料招待券を差し上げています

今回のイベントですが、昨年に引き続き、津波シェルターCLヒカリも、地震、津波対策商品として出展しております。

 

よろしければ是非、会場にお越し頂き、津波シェルターを実際に見て、触って、避難体験などしていただければ幸いです。

 

現在、震災対策技術展にご来場ご入場ご希望のお客様に「招待状」を差し上げております。

(個人のお客様:1枚、法人のお客様等:5枚までを基本とさせていただきますが、ご希望枚数をご指定いただければ当該枚数をお送りさせていただきます。)

 

ご希望の方はお問い合わせ窓口から送信いただくか、担当者の朝倉まで直接メールにてご連絡いただければ幸いです。

シェルター事業部 朝倉 asakura@frp-hikari.com

 

開催概要

・会場

〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1−1

パシフィコ横浜  Dホール

JR京浜東北線 横浜市営地下鉄 桜木町駅 徒歩12分(タクシー5分)

みなとみらい線 みなとみらい駅 徒歩5分

 

・開催日時

2018年2月8日(木)~2月9日(金)10:00〜17:00

 

・公式サイト

https://www.shinsaiexpo.com/yokohama/

 

無料招待券(見本)

第22回「震災対策技術展」横浜02
第22回「震災対策技術展」横浜02

個人、法人問わず、来場ご希望の方に招待券をお送りいたします。

 

お問い合わせ窓口、もしくは担当者の朝倉まで直接メールにてお問い合わせをお願いします。

 

シェルター事業部 朝倉 asakura@frp-hikari.com

 

(※ご注意:上の画像は招待券の見本です。印刷しても使用できませんのでご注意下さい)

 

 

出展場所のご案内

第22回「震災対策技術展」横浜03
第22回「震災対策技術展」横浜03

津波シェルターHIKARiの出展小間番号は、716番(例年通りの場所)となっております。

 

ご来場を心よりお待ち申し上げております。

 

例年ご入場は、大変混雑いたします。

 

招待状により円滑にご入場できますので、是非お求めください。

 

 なお、ご入場当日は、名刺2枚を予めご用意ください。

(招待状貼付 1枚/入場証 1枚)

 

震災対策技術展 出展内容一覧

 

震災対策技術展では数百の企業、団体様により以下のような分野の商品、サービスの展示が行われます。

 

●地震対策

耐震・制震・免震技術・製品/耐震用配管・継手/地震計・緊急地震速報/災害トイレ/非常食/発電機/テント・シェルター/浄水器/通信・情報システム/安否確認システム/家具転倒防止製品/防災グッズ、等

 

●津波対策

シェルター/ハザードマップ/救命ボート/予測システム、等

 

●水害対策

河川水位測定センサー/止水版/ポンプ/洪水対策技術、等

 

●土砂災害対策

土砂・落石探知システム/GIS/雨量計/対策技術・工法、等

 

●落雷対策

避雷器/コンピューターバックアップシステム/雷防護製品、等

 

●突風・竜巻対策

気象監視技術/解析システム/警報システム/飛散防止フィルム、等

 

●火山対策

BCP/観測システム・機器/風速・風向計/低周波測定器、等

 

 

震災対策技術展 ご来場者様一覧

震災対策技術展には以下のような分野の企業、団体様がご来場されます。

 

●中央省庁・地方自治体

都道府県/市町村/消防/防衛/警察、等

 

●交通機関・ライフライン機関

電気/水道/ガス/通信/鉄道、等

 

●教育・研究機関

大学/教育・研究機関、等

 

●各種施設

病院・医療機関/介護施設/公共・商業・遊戯施設、等

 

●建築関係

建設コンサルタント/建設・設計事務所/住宅施工会社、等

 

●防災関連企業

防災メーカー/販売代理店/商社、等

 

●一般企業

ビル管理・警備会社/百貨店/ホームセンター/マンション管理/不動産、等

 

●協会・団体・組合/報道

自主防災組織/防災関連組合・協会/報道機関、等

 

 

震災対策技術展 主な講演会

震災対策技術展の会場では数多くの地震や津波等の災害対策に関するセミナー、講演会が開催されます。

 

高知県の南海トラフ地震対策

南海トラフ地震に立ち向かう高知県の挑戦 ~「命を守る」対策の徹底、「命をつなぐ」対策の加速化へ~

講演者:高知県知事 尾崎正直氏

内容:甚大な被害が想定される南海トラフ地震に立ち向かうため、課題解決先進県を目指し高知県が実施している、命を守る対策・命をつなぐ対策の施策を中心に、取組を紹介します。

 

横浜市の震災対策

講演者:横浜市役所 総務局危機管理室危機対処計画課 担当係長 佐藤信行氏

内容:横浜市の震災対策は、市域における被害だけでなく、過去に国内で発生した大規模地震等の教訓を踏まえて対策を見直してきました。現在の被害想定の中には、津波対策、火災対策、帰宅困難者対策など様々な課題がありますが、この想定される震災被害を、いかに少なく出来るかは、市民の皆さんのお心構えや、事前の備えを含めた自助の取組、発災時の地域における共助の取組が重要な鍵となります。防災計画「震災対策編」の主な修正の経過やその時々の震災の教訓等を軸に、横浜市の震災対策の取組について、ご紹介いたします。

 

神奈川県の地震防災戦略

講演者:神奈川県 安全防災局 安全防災部長 杉原英和氏

内容:神奈川県は、地震からの犠牲者を半減するために、「神奈川県地震防災戦略」を策定し平成28年4月からスタートさせた。地震による犠牲者の発生原因が、「ゆれ」、「津波」、「火災」であることから効果的に犠牲者を減らす戦略を展開していく。その概要を説明する。

 

大震災、早朝のJアラートへの対応

講演者:株式会社アットシステム 本社(仙台市) 代表取締役 佐宗 美智代 氏

内容:弾道ミサイル発射直後、北海道・東北地方自治体のJアラートが作動。その時の対処は?実際の状況と対応を紹介します。

また、震災で懸念されることは?高い確率で予期される大震災前に震災を経験した被災地から警鐘を鳴らします。

 

 

 

津波シェルターCL-HIKARi関連リンク

コンテンツ一覧

製造・販売 株式会社光レジン工業

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

〒191-0011 東京都日野市日野本町4-10-23

TEL: 042-584-5797(代表)

FAX: 042-584-5786

MAIL: info@shelter-hikari.com

FRP加工 光レジン工業 企業サイト

津波シェルターHIKARi 公式Facebook

津波シェルターHIKARi 公式ブログ

津波シェルターHIKARi 公式Twitter