お問い合わせ窓口

津波シェルター「ヒカリ」

・資料/パンフレット請求

・お見積もり依頼(無料)

・取材、販売店のご相談

を受け付けております。

津波シェルター ヒカリ

 

 

 

助成金制度

各市町村役場 災害対策のご担当者様へ

 

「津波シェルターHIKARiはよく聞くので知っているけど、あのシェルターは

津波救命艇ガイドラインに準拠している製品じゃないから…」

なんて思っていませんか?

大切なお知らせが有りますので、至急このPDFファイルを御一読下さい!

家屋倒壊や津波・土石流災害を心配されている一般の方も、宜しければ

是非御一読下さい。色々と参考になる資料だと思います。

 

ダウンロードはこちら

各自治体向け 津波シェルター助成対象認定検討依頼文書
tsunami_shelter.pdf
PDFファイル 552.6 KB
地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
特許情報

津波シェルターHIKARiヒカリ特許証
津波シェルターHIKARi 特許証

特許登録済

第5579336号

意匠登録 第1472794号

商標登録 第5572986号

実用新案登録 第3180913号

⇒特許等の詳細情報

  

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

テレビ番組で紹介

2014/5/10 テレビ朝日

みんなの疑問 ニュースなぜ太郎

テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介

南海トラフ地震の防災対策として紹介。完全防水、大人4人用、家屋倒壊に備える耐荷重強度22トン、といった基本的な特長に加え、津波浸水の中を安全に避難するための独自スイング機能(内部床のスライド方式)も紹介されました。

⇒放送内容の説明を見る

⇒Facebookで録画を見る

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
耐久力試験を公開中

耐荷重22.4トンを記録!

津波シェルターヒカリの対荷重強度試験

8/20実施 日本大学生産工学部(千葉県習志野市)での耐久力試験で、自動車20台分の「22.4トン」の重量に耐えることを確認。財形新聞ニュースマイナビニュースgooニュースなど多数掲載。

⇒対荷重強度テストの詳細

 

100kg鉄柱が激突

防災・地震・津波シェルター「HIKARi(ヒカリ)」

重さ100kgの尖った鉄柱を落下させ、シェルター「ヒカリ」に衝突させる実験。

大地震で家屋や瓦礫がシェルターに降ってくる状況を想定。

⇒衝撃試験動画(等速)

⇒衝撃試験動画(スロー)

⇒耐久力試験の詳細内容

内閣官房が「国土強靱化 民間の事例」として紹介

津波シェルターCL-HIKARiが内閣官房の「国土強靱化 民間事例」として紹介01

令和3年4月9日、津波シェルターCL-HIKARiは、内閣官房 国土強靱化推進室が発表した「国土強靱化 民間の取り組み事例集」の一つとして紹介されました。

 

内閣官房は、国土強靱化の推進を実行するためには国、地方公共団体のみならず、民間事業者の主体的な取組が重要と考えており、平成27年より国土強靱化に関して先導的な取組を収集しています。

 

これまでに579事例を「国土強靱化 民間の取組事例集」として公表しており、今回は国土強靱化に関して先導的な取組60事例を掲載。その事例の一つとして弊社のCL-HIKARiが紹介されました。

 

 

 

国土強靱化 民間の取り組み事例集

事例集はインターネットから無料でダウンロード、閲覧できます。

 

目次

https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/kokudo_kyoujinka/r3_minkan/pdf/mokuji.pdf

 

全事例集

https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/kokudo_kyoujinka/r3_minkan/pdf/jireishu.pdf

 

津波シェルターCL-HIKARi事例

https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/kokudo_kyoujinka/r3_minkan/pdf/027.pdf

 

 

 

当社の紹介内容

内閣官房による紹介内容を転載いたします。

 

津波対策用の密閉型・住居スペース設置型シェルター

(株式会社光レジン工業)

 

 

取り組みの特徴(1)

・瞬時に命を守る避難行動につなげる、住居スペース設置型の津波シェルター

 

FRP(繊維強化プラスチック)の加工と成型を主業務とする株式会社光レジン工業は、津波対策用の密閉型・家屋内設置シェルター「CL-HIKARi」を製造・販売している。

 

東日本大震災の死亡者・行方不明者のうち、約9割が津波被害によるものであったという教訓から、同社は、永年培ってきた FRP 成型技術が命を守ることに貢献することができるのではないか、と考え、「世界初の FRP製密閉型家屋内シェルター開発プロジェクトチーム」を発足し、同製品の研究・開発に至った。

 

同製品は、主に南海トラフ地震の津波被害を想定したもので、大人が4名避難することができる。平時はリビングやベランダ等の居住空間に設置し、非常食や保存水を入れておき、いざというときのために備えることができる。地震や津波が発生した際は中に入り、ドアを閉めるだけで建物の倒壊による瓦礫や浸水等から身を守ることができる。

 

避難時は、シェルター内部の空気と付属の携帯酸素により、密閉状態を2時間程度維持できる(大人4人避難時)設計となっている。

 

救助要請について、水上が安定していればハッチを開けて救助を求めることができる。また、シェルターは電波を通す設計になっているため、内部に避難した状態のまま、携帯電話等を用いることもできる。

 

 

取り組みの特徴(2)

避難時にシェルターに入れるべきものを事前に決めておくよう促す

 

同社では、同製品の購入者に対して、有事の際に最優先して守る「命」以外で何を避難時に持ち出すのかについて考え、取捨選択する機会をつくるように促している。また、その決定内容は常に見直す必要があることも伝えている。いざというときに正しい判断ができるよう、平時から有事の際の行動について意識してほしいという考えである。

 

 

現状の課題・今後の展開等

今後は、利用者の二ーズを聞き取り、希望に沿った大きさや形状の新製品の開発・研究、販売を予定している。加えて、地方公共団体向けの広報活動にも尽力していく考えである。

 

担当者の声

これから日本は、大災害となる可能性が高い「南海トラフ地震」に立ち向かわなければなりません。尊い犠牲によってもたらされた貴重な教訓を活かさなければ、亡くなられた多くの方達は浮かばれません。限られた時間の中で、一人でも多くの命を救うべく、弊社では全社一丸となって、シェルタープロジェクトに邁進してまいります。

 

 

内閣官房国土強靱化推進室について

・民間の取り組み事例紹介URL

https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/kokudo_kyoujinka/torikumi_minkan.html

 

・公式Twitter

https://twitter.com/ResilienceJPN

 

・公式Facebook

https://www.facebook.com/ResilienceJPN

 

・連絡先

内閣官房国土強靱化推進室

〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

TEL.03-5253-2111(内線33734)

 

  

 

津波シェルターCL-HIKARi関連リンク

コンテンツ一覧

製造・販売 株式会社光レジン工業

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

〒191-0011 東京都日野市日野本町4-10-23

TEL: 042-584-5797(代表)

FAX: 042-584-5786

MAIL: info@shelter-hikari.com

FRP加工 光レジン工業 企業サイト

津波シェルターHIKARi 公式Facebook

津波シェルターHIKARi 公式ブログ

津波シェルターHIKARi 公式Twitter