新商品 CL-HIKARi

「家の押し入れが防災シェルターに!」お客様の要望から開発された新商品「CLヒカリ」

 

 

各市町村役場

災害対策の

御担当者様へ!

「津波シェルターHIKARiはよく聞くので知っているけど、あのシェルターは

津波救命艇ガイドラインに準拠している製品じゃないから…」

なんて思っていませんか?

大切なお知らせが有りますので、至急このPDFファイルを御一読下さい!

家屋倒壊や津波・土石流災害を心配されている一般の方も、宜しければ

是非御一読下さい。色々と参考になる資料だと思います。

 

ダウンロードはこちら

各自治体向け 津波シェルター助成対象認定検討依頼文書
tsunami_shelter.pdf
PDFファイル 552.6 KB
 

お問い合わせ窓口

津波シェルター「ヒカリ」

・資料/パンフレット請求

・お見積もり依頼(無料)

・取材、販売店のご相談

を受け付けております。

津波シェルター ヒカリ
津波シェルター販売店
地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
価格や商品の特長

地震・津波シェルター「ヒカリ」HIKARiの特長
地震・津波シェルター「ヒカリ」価格・料金・値段
地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
特許情報

津波シェルターHIKARiヒカリ特許証
津波シェルターHIKARi 特許証

特許登録済

第5579336号

意匠登録 第1472794号

商標登録 第5572986号

実用新案登録 第3180913号

⇒特許等の詳細情報

  

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

テレビ番組で紹介

2014/5/10 テレビ朝日

みんなの疑問 ニュースなぜ太郎

テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介

南海トラフ地震の防災対策として紹介。完全防水、大人4人用、家屋倒壊に備える耐荷重強度22トン、といった基本的な特長に加え、津波浸水の中を安全に避難するための独自スイング機能(内部床のスライド方式)も紹介されました。

⇒放送内容の説明を見る

⇒Facebookで録画を見る

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
耐久力試験を公開中

耐荷重22.4トンを記録!

津波シェルターヒカリの対荷重強度試験

8/20実施 日本大学生産工学部(千葉県習志野市)での耐久力試験で、自動車20台分の「22.4トン」の重量に耐えることを確認。財形新聞ニュースマイナビニュースgooニュースなど多数掲載。

⇒対荷重強度テストの詳細

 

100kg鉄柱が激突

防災・地震・津波シェルター「HIKARi(ヒカリ)」

重さ100kgの尖った鉄柱を落下させ、シェルター「ヒカリ」に衝突させる実験。

大地震で家屋や瓦礫がシェルターに降ってくる状況を想定。

⇒衝撃試験動画(等速)

⇒衝撃試験動画(スロー)

⇒耐久力試験の詳細内容

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
製造・販売

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

株式会社 光レジン工業

〒191-0011

東京都日野市日野本町4-10-23

TEL: 042-584-5797(代表)

FAX: 042-584-5786

 

MAIL: info@shelter-hikari.com

光レジン工業 企業サイト

津波シェルター公式ブログ

津波シェルターFacebook

津波シェルターTwitter

 

コンテンツ一覧

津波シェルターCL-HIKARiを設置(北海道厚岸郡浜中町)

北海道釧路地方の診療所に設置された津波シェルターCL-HIKARi000

北海道釧路地方の診療所「浜中町立 浜中診療所」へ防災・救命シェルターCL-HIKARi(津波シェルターCL-HIKARi)を設置いたしました。

 

診療所の小川先生より許可をいただきましたので、設置の様子や設置に至った経緯をホームページにてご紹介させていただきます。

 

今回の設置は、地域住民の皆様へ防災(津波)に対する啓蒙活動と、診療所に入院されている患者の皆様と介護スタッフを少しでも守らんという意識から、私費を投じて購入された診療所の小川先生の元へお届けしたものです。

 

弊社が設置に伺ったのは2018年4月11日(水)。

冷たい霧のかかる夕刻に診療所へ到着し、ご挨拶も早々にシェルター設置を行いました。 

 

 

人口6000人の浜中町で唯一の診療所に設置

浜中町立浜中診療所 北海道厚岸郡浜中町霧多布東3条1−40
浜中町立浜中診療所 北海道厚岸郡浜中町霧多布東3条1−40

津波シェルターは、浜中町立 浜中診療所(〒088-1513 北海道厚岸郡浜中町霧多布東三条1丁目40)に設置されました。

 

浜中町は、北海道釧路総合振興局管内の厚岸郡にある町です。

 

霧多布岬、ラムサール条約北海道遺産に登録された霧多布湿原、ルパン三世通り、ムツゴロウ動

物王国のある町として知られています。

 

浜中診療所は、人口約6,000人の浜中町で唯一の診療所です。

 

 

 

シェルターの設置状況

北海道釧路地方の診療所に設置された津波シェルターCL-HIKARi002
北海道釧路地方の診療所に設置された津波シェルターCL-HIKARi003

今回、津波シェルターCL-HIKARiは浜中診療所2階のロビー(待合室)に設置されました。

附属品(ヘルメット、ライフジャケット及び携帯酸素)はシェルター内に配備いたしました。  

 

 

設置完了を見届けた後、小川先生は所用で退席されたため、夜間待機の看護師の皆様へシェルターの使用方法と、普段の訓練要領、並びに付属品の使用方法をご説明させていただきました。

 

ご購入から設置までの間、スタッフの皆様も首を長くしてお待ちいただいていたようで、「今日から安心して勤務できるね」と笑顔でご対応いただきました。

 

設置が完了し、診療所を撤収する時には、すっかり夜になっていました。 

 

北海道釧路地方の診療所に設置された津波シェルターCL-HIKARi001
シェルター設置を終える頃には夜になっていました。

 

なお、設置して3日後の4月14日(土)の午前4時頃に、北海道東部地域に震度5の地震が発生しました(診療所地域は震度4でした)。

 

津波の心配はないとの報道でしたが、当日夜勤の皆様に少しでも心に安心を持っていただければ幸いです。

 

小川先生及び看護師並びにスタッフ御一同様のご活躍とご健勝を祈念申し上げます。

 

 

小川先生から頂いたメールより(一部加筆)

北海道釧路地方の診療所に設置された津波シェルターCL-HIKARi004

北海道の東にある本診療所は、最大34メートルの津波が予測されていますが、行政は診療所に対し、なんら現実的な対応をしてくれません。

 

10名程度の寝た切りの入院患者がいるため、大津波警報があってもスタッフは逃げ出せません。

 

人口数千人のこの町には、医療機関はこの一か所、医者も私ひとりだけです。

 

津波シェルターの設置は、私個人が依頼させていただくものです。

 

診療所2階のロビーに設置し、議員を含めた町民にも、シェルターの意義を知ってもらいたいという意図もあります。

 

 

補記

「地域の防災対策の啓蒙」という公益性の高い活動に私費を投じられた小川先生。

 

弊社としましては、御英断を下された小川先生の行動力に、只々、敬服するばかりであり、このシェルタープロジェクトを通じて果たすべき使命について、改めて深く心に刻む機会となりました。

 

先生の踏み出された「偉大なる一歩」に、必ずやお応えしようと、社員一同、決意を新たにする次第です。

 

株式会社 光レジン工業 代表取締役社長   大野仁生

同    シェルター事業部長 野中浩二

 

 

 

 

津波シェルターCL-HIKARi関連リンク

コンテンツ一覧

製造・販売 株式会社光レジン工業

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

〒191-0011 東京都日野市日野本町4-10-23

TEL: 042-584-5797(代表)

FAX: 042-584-5786

MAIL: info@shelter-hikari.com

FRP加工 光レジン工業 企業サイト

津波シェルターHIKARi 公式Facebook

津波シェルターHIKARi 公式ブログ

津波シェルターHIKARi 公式Twitter