お問い合わせ窓口

津波シェルター「ヒカリ」

・資料/パンフレット請求

・お見積もり依頼(無料)

・取材、販売店のご相談

を受け付けております。

津波シェルター ヒカリ

 

 

 

助成金制度

各市町村役場 災害対策のご担当者様へ

 

「津波シェルターHIKARiはよく聞くので知っているけど、あのシェルターは

津波救命艇ガイドラインに準拠している製品じゃないから…」

なんて思っていませんか?

大切なお知らせが有りますので、至急このPDFファイルを御一読下さい!

家屋倒壊や津波・土石流災害を心配されている一般の方も、宜しければ

是非御一読下さい。色々と参考になる資料だと思います。

 

ダウンロードはこちら

各自治体向け 津波シェルター助成対象認定検討依頼文書
tsunami_shelter.pdf
PDFファイル 552.6 KB
地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
特許情報

津波シェルターHIKARiヒカリ特許証
津波シェルターHIKARi 特許証

特許登録済

第5579336号

意匠登録 第1472794号

商標登録 第5572986号

実用新案登録 第3180913号

⇒特許等の詳細情報

  

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

テレビ番組で紹介

2014/5/10 テレビ朝日

みんなの疑問 ニュースなぜ太郎

テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介

南海トラフ地震の防災対策として紹介。完全防水、大人4人用、家屋倒壊に備える耐荷重強度22トン、といった基本的な特長に加え、津波浸水の中を安全に避難するための独自スイング機能(内部床のスライド方式)も紹介されました。

⇒放送内容の説明を見る

⇒Facebookで録画を見る

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
耐久力試験を公開中

耐荷重22.4トンを記録!

津波シェルターヒカリの対荷重強度試験

8/20実施 日本大学生産工学部(千葉県習志野市)での耐久力試験で、自動車20台分の「22.4トン」の重量に耐えることを確認。財形新聞ニュースマイナビニュースgooニュースなど多数掲載。

⇒対荷重強度テストの詳細

 

100kg鉄柱が激突

防災・地震・津波シェルター「HIKARi(ヒカリ)」

重さ100kgの尖った鉄柱を落下させ、シェルター「ヒカリ」に衝突させる実験。

大地震で家屋や瓦礫がシェルターに降ってくる状況を想定。

⇒衝撃試験動画(等速)

⇒衝撃試験動画(スロー)

⇒耐久力試験の詳細内容

東日本大震災から十年を経て、今、想う事。

みなさんこんにちは、株式会社光レジン工業の野中です。

 

一昨年の8月28日、弊社が「国土強靭化貢献団体」として認証(レジリエンス認証)されたニュースをお伝えした事を、昨日の出来事の様に思い起こす現実に、「時の過ぎるのは本当に早いものだな・・・」と、改めて実感致します。

 

そして、あの「東日本大震災」から、今日で丁度十年の節目を迎えます。

 

あまりにも多くの辛い出来事が有った。そして、多くのかけがえのない大切なものを失った・・・。

 

あの様な悲劇を繰り返さない為に、「亡くなられた方達が命と引き換えに私達に遺して下さった教訓」。

 

私達は十分に生かし切れているでしょうか? 

 

胸を張って「生かし切れている!」と言える方は居られないのではないかと思います。

 

私共光レジン工業としても、その「想い」とは裏腹に、色んな壁を乗り越えられず、様々な課題(未発表の新型シェルターの開発など)に今でも挑み続けています。「十年ひと昔・・・」と一般的に言われる大きな節目を迎えながらも、まだまだ「道半ば」である事は、間違い無く言えるのだろうと、強く感じる次第です。

 

十年という、それなりの時間を過ごしながら、当初思い描いていた構想の半分も実現出来ていない厳しい現実に悲観的な思いを抱きがちではありますが、着々と進化している事が有るのもまた現実です。

 

国全体では、ゆっくりではありますが、家屋の耐震強度向上を支援する様々な政策によって着実に耐震強度の高い家屋への建て替えが進んでおり、建替え等の経済負担が厳しい世帯への耐震補強工事、或いは簡易な家具固定化等の各種支援施策によって、災害発生時における我が国全体での安全性強化は、しっかりとレベルアップしつつあるのです。

 

先月より震度5以上の大きな地震が頻発していますが、特に先月13日に起きた、最大震度6強という大変強い地震においても、津波が発生しなかったという事情が有るものの、悲惨な家屋倒壊事故や火災によって、多数の犠牲者が出る事は有りませんでした。現場で過酷な経験をされた方が居られるとは思いますが、この「傷の浅さ」は、先の大震災で亡くなられた皆様の尊い犠牲という「遺訓」によってもたらされた「国土強靭化」の成果である事は言うまでもありません。まだまだ充分ではありませんが、私達はこの十年で「より強く、そして賢くなった」。そう言えるのだと思います。

この十年間は決して無駄では無かったし、着実に成果は上がっているのです。

 

さて、国全体が少しづつレベルアップしつつあるという現実から、「国土強靭化貢献団体」としての株式会社光レジン工業の現状について、お話させて頂きます。

 

実は、弊社シェルター商品「防災・救命シェルター、CL-HIKARi®」が、一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会(弊社シェルターが一昨年の最優秀賞を受賞 https://www.shelter-hikari.com/news/2019/1103/)から大変高く評価して頂いた事は、先のニュースで皆様にお知らせ致しましたが、昨年、同協議会の御推薦によって、弊社代表の大野が、「Win-Win企業版ふるさと納税モデル構築戦略会議」(仮称)の企業委員に委嘱されました。

 

この戦略会議は、全国市長会会長である立谷秀清座長(福島県相馬市長)と学識委員(東大名誉教授など)、自治体委員(主に災害対策に悩む地方自治体)、団体委員(各種業界団体の代表)、企業委員から構成され、各関連省庁のサポートを受けながらきめ細かく戦略を策定するもので、その構成メンバーの錚々たる事!企業委員に関しては、いわゆる「~兆円企業」ばかりで、世界的大企業の企業委員と共に、弊社代表の大野が政策立案の一翼を担っている事は本当に誇らしい限りです。

 

そして、いかに弊社シェルター商品が高く評価され、その果たすべき「将来の役割」に期待されているかを、身に染みて感じる訳であります。責任は重大であります。

 

勿論、会議の性質上、打合せ内容の具体的なお話は出来ませんが、公私に亘って弊社の果たすべき役割は、これから大きくなり、必ずや未来の国益に貢献する企業たる決意と覚悟を改めて皆様にお示しする事を以て、節目の今日の、皆様への御挨拶とさせて頂ければと存じます。

 

東日本大震災で亡くなられた方々の御霊が安らかなる事、そして、皆様の御健勝を、職員一同、心より御祈り申し上げます。合掌

 

令和三年三月十一日、 株式会社光レジン工業 シェルター事業部長 野中浩二 

 

 

 

津波シェルターCL-HIKARi関連リンク

コンテンツ一覧

製造・販売 株式会社光レジン工業

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

〒191-0011 東京都日野市日野本町4-10-23

TEL: 042-584-5797(代表)

FAX: 042-584-5786

MAIL: info@shelter-hikari.com

FRP加工 光レジン工業 企業サイト

津波シェルターHIKARi 公式Facebook

津波シェルターHIKARi 公式ブログ

津波シェルターHIKARi 公式Twitter