新商品 CL-HIKARi

「家の押し入れが防災シェルターに!」お客様の要望から開発された新商品「CLヒカリ」

 

 

各市町村役場

災害対策の

御担当者様へ!

「津波シェルターHIKARiはよく聞くので知っているけど、あのシェルターは

津波救命艇ガイドラインに準拠している製品じゃないから…」

なんて思っていませんか?

大切なお知らせが有りますので、至急このPDFファイルを御一読下さい!

家屋倒壊や津波・土石流災害を心配されている一般の方も、宜しければ

是非御一読下さい。色々と参考になる資料だと思います。

 

ダウンロードはこちら

各自治体向け 津波シェルター助成対象認定検討依頼文書
tsunami_shelter.pdf
PDFファイル 552.6 KB
 

お問い合わせ窓口

津波シェルター「ヒカリ」

・資料/パンフレット請求

・お見積もり依頼(無料)

・取材、販売店のご相談

を受け付けております。

津波シェルター ヒカリ
津波シェルター販売店
地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
価格や商品の特長

地震・津波シェルター「ヒカリ」HIKARiの特長
地震・津波シェルター「ヒカリ」価格・料金・値段
地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
特許情報

津波シェルターHIKARiヒカリ特許証
津波シェルターHIKARi 特許証

特許登録済

第5579336号

意匠登録 第1472794号

商標登録 第5572986号

実用新案登録 第3180913号

⇒特許等の詳細情報

  

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

テレビ番組で紹介

2014/5/10 テレビ朝日

みんなの疑問 ニュースなぜ太郎

テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介

南海トラフ地震の防災対策として紹介。完全防水、大人4人用、家屋倒壊に備える耐荷重強度22トン、といった基本的な特長に加え、津波浸水の中を安全に避難するための独自スイング機能(内部床のスライド方式)も紹介されました。

⇒放送内容の説明を見る

⇒Facebookで録画を見る

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
耐久力試験を公開中

耐荷重22.4トンを記録!

津波シェルターヒカリの対荷重強度試験

8/20実施 日本大学生産工学部(千葉県習志野市)での耐久力試験で、自動車20台分の「22.4トン」の重量に耐えることを確認。財形新聞ニュースマイナビニュースgooニュースなど多数掲載。

⇒対荷重強度テストの詳細

 

100kg鉄柱が激突

防災・地震・津波シェルター「HIKARi(ヒカリ)」

重さ100kgの尖った鉄柱を落下させ、シェルター「ヒカリ」に衝突させる実験。

大地震で家屋や瓦礫がシェルターに降ってくる状況を想定。

⇒衝撃試験動画(等速)

⇒衝撃試験動画(スロー)

⇒耐久力試験の詳細内容

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
製造・販売

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

株式会社 光レジン工業

〒191-0011

東京都日野市日野本町4-10-23

TEL: 042-584-5797(代表)

FAX: 042-584-5786

〒191-0011 東京都日野市日野本町4-10-23

TEL: 042-584-5797(代表)

FAX: 042-584-5786

MAIL: info@shelter-hikari.com

光レジン工業 企業サイト

津波シェルター公式ブログ

津波シェルターFacebook

津波シェルターTwitter

 

コンテンツ一覧

ホーム > ニュース > 2016年 > 2月5日NHKとテレビ神奈川で紹介

震災対策技術展に出展しNHK、テレビ神奈川で紹介

防災シェルターがNHKとテレビ神奈川で紹介

2016年2月4日〜2月5日、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で開催された第20回「震災対策技術展」で、弊社の津波シェルター「CL-HIKARi」が出展されました。

 

開会2日目の朝午前7時40分頃には東京都と神奈川県で最大震度4の地震がありました(津波の発生はないとの報道)が、二日間に渡り会場には全国から多くの企業様、個人の皆様の来場がありました。

 

弊社の防災シェルターのブースでも、用意したチラシが足りなくなってしまう程多くのお客様にお越し頂き、弊社社長の大野ら数名で対応させていただきました。

 

防災シェルターの実物に触れて頂いたり、避難ハッチの開閉、出入りされる等、シェルターを体験頂きました。

 

NHK様、テレビ神奈川様など複数のメディアの取材を受け、NHK「首都圏ネットワーク」、テレビ神奈川の「tvk NEWS WALL|Channel OPEN YOKOHAMA」にてその様子が放映されました。

津波シェルターHIKARiを震災対策技術展でご案内
会場にて。防災シェルターCL-HIKARiのブースの様子

NHK首都圏ニュース、テレビ神奈川での放送内容

NHKニュースで防災シェルターCLヒカリが紹介
NHKニュースで家庭用防災シェルターCLヒカリが紹介
NHKニュースで耐震シェルターCLヒカリが紹介
テレビ神奈川ニュースで地震津波シェルターCLヒカリが紹介

2月4日の夕方放送の「NHK首都圏ニュース」では以下のように紹介されていました。

 


〜災害時に役立つ最新技術を紹介〜

 

東日本大震災から5年となるのを前に、地震や津波など災害の際に役立つ、災害対策の最新技術を集めた展示会が横浜市で開催されました。

 

会場には200を超える企業や団体が出展し、最新の免震装置や災害時作業ロボットなど最新の技術が紹介されています。。

 

都内のプラスチック加工メーカー(=光レジン工業)が開発した強化プラスチック製の津波対策シェルターは、押し入れに収納できる大きさで、大人4人が避難できるそうです。

 

水に流されても必ず入口が上を向く構造で、空気穴をすべて閉じた状態でもおよそ40分間は中で過ごせるといいます。

 

また、天井落下防止装置という、ワイヤー付きの金具を天井に取り付ける事で、地震の揺れで天井版が落下しても床まで到達せずに危険を回避できるという商品も展示されていました。

 

「様々な防災の分野で役に立ちそうな商品が見つかった。今後、採用について自治体でも考えていきたい」という、会場を訪れていた自治体の防災担当者の声もありました。

 

この防災展示会は、2月5日まで開催されるということです。


 

 

東日本大震災を遥かに上回る規模の「南海トラフ地震」

 内閣府が地震発生確率と被害想定を公表している「南海トラフ地震」。

 

2012年に発表された内容では、マグニチュード9以上、最大津波高さ34メートルの地震規模が想定され、その被害想定は、太平洋岸にて最短3分での津波到達、東日本大震災の20倍以上の32万人の死亡者、行方不明者数、経済損失200兆円以上と衝撃的なものでした。

 

地震発生確率についても、政府の地震調査委員会は2014年、関東地方をマグニチュード7以上の相模トラフ地震が襲う確率を「70%」と具体的に発表しています。

 

この、明日にでも起きうる大災害に対して、一般家庭でできる防災手段を提供する・・・こういった主旨で開発されましたのが、この「家庭用防災シェルターCL-HIKARi」です。

 

東日本大震災からもうすぐ5年。ご家庭や職場でもこの機会に大災害への防災の備えについて考えていただければ幸いです。

 (以下の当サイト内のページで南海トラフ地震情報をまとめています。是非ご覧下さい。)

パシフィコ横浜 震災対策技術展の概要

横浜震災対策技術展の津波シェルター準備その6

第20回震災対策技術展は、2016年2月4日〜2月5日の日程で神奈川県横浜市西区のパシフィコ横浜で開催。

 

会場では200以上の団体・企業が出展し、約1000品目の地震対策製品などを展示しました。

 

南海トラフ地震を想定した対策や、防災・減災の取り組みなどに関するシンポジウムやセミナーも多数開催されました。

 

二日間を通じての来場者数は16,067名と、前回開催時の15,039名を上回る大盛況となりました。

 

主催者は、震災対策技術展横浜実行委員会(委員長・濱田政則早大名誉教授)。振動技術展実行委員会(委員長・藤田隆史東大名誉教授)が主催する第7回振動技術展も同時開催されました。

 

後援団体は内閣府、国土交通省、神奈川県、横浜市などです。

 

開会式の際、主催団体の震災対策技術展横浜実行委員会の濱田委員長は「これだけ大規模の防災技術展を定期的に開催する例は国際的にもない。自然災害による被害を軽減するためにも、阪神大震災や東日本大震災の教訓を将来に生かすことが重要」と開催の意義を強調しました。

 

来賓を代表して登壇した黒岩祐治神奈川県知事は「災害はいつ襲ってくるか分からない。ロボットや小型無人機(ドローン)など最先端の技術で災害に立ち向かいたい」と挨拶を述べ、尾崎正直高知県知事は「高知県は南海トラフ巨大地震で最大規模の津波襲来が予測されている。超大型災害への備えが必要だ」と防災意識の高揚を訴えました。

 

 

パシフィコ横浜での震災対策技術展準備の様子

震災技術展の開催中は、お客様へのシェルターのご案内やマスコミ取材の対応で、会場の様子を撮影することができませんでした。

 

開催前の準備中の写真をいくつかご紹介いたします。

 

横浜震災対策技術展の津波シェルター準備その1
横浜震災対策技術展の津波シェルター準備その2
横浜震災対策技術展の津波シェルター準備その3
横浜震災対策技術展の津波シェルター準備その4
横浜震災対策技術展の津波シェルター準備その5

コンテンツ一覧

製造・販売 株式会社光レジン工業

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

〒191-0011 東京都日野市日野本町4-10-23

TEL: 042-584-5797(代表)

FAX: 042-584-5786

MAIL: info@shelter-hikari.com

光レジン工業 企業サイト

津波シェルターHIKARi 公式Facebook

津波シェルターHIKARi 公式ブログ

津波シェルターHIKARi 公式Twitter