新商品 CL-HIKARi

「家の押し入れが防災シェルターに!」お客様の要望から開発された新商品「CLヒカリ」

 

 

各市町村役場

災害対策の

御担当者様へ!

「津波シェルターHIKARiはよく聞くので知っているけど、あのシェルターは

津波救命艇ガイドラインに準拠している製品じゃないから…」

なんて思っていませんか?

大切なお知らせが有りますので、至急このPDFファイルを御一読下さい!

家屋倒壊や津波・土石流災害を心配されている一般の方も、宜しければ

是非御一読下さい。色々と参考になる資料だと思います。

 

ダウンロードはこちら

各自治体向け 津波シェルター助成対象認定検討依頼文書
tsunami_shelter.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 552.6 KB
 

お問い合わせ窓口

津波シェルター「ヒカリ」

・資料/パンフレット請求

・お見積もり依頼(無料)

・取材、販売店のご相談

を受け付けております。

津波シェルター ヒカリ
津波シェルター販売店
地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
価格や商品の特長

地震・津波シェルター「ヒカリ」HIKARiの特長
地震・津波シェルター「ヒカリ」価格・料金・値段
地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
特許情報

津波シェルターHIKARiヒカリ特許証
津波シェルターHIKARi 特許証

特許登録済

第5579336号

意匠登録 第1472794号

商標登録 第5572986号

実用新案登録 第3180913号

⇒特許等の詳細情報

  

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

テレビ番組で紹介

2014/5/10 テレビ朝日

みんなの疑問 ニュースなぜ太郎

テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介

南海トラフ地震の防災対策として紹介。完全防水、大人4人用、家屋倒壊に備える耐荷重強度22トン、といった基本的な特長に加え、津波浸水の中を安全に避難するための独自スイング機能(内部床のスライド方式)も紹介されました。

⇒放送内容の説明を見る

⇒Facebookで録画を見る

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
耐久力試験を公開中

耐荷重22.4トンを記録!

津波シェルターヒカリの対荷重強度試験

8/20実施 日本大学生産工学部(千葉県習志野市)での耐久力試験で、自動車20台分の「22.4トン」の重量に耐えることを確認。財形新聞ニュースマイナビニュースgooニュースなど多数掲載。

⇒対荷重強度テストの詳細

 

100kg鉄柱が激突

防災・地震・津波シェルター「HIKARi(ヒカリ)」

重さ100kgの尖った鉄柱を落下させ、シェルター「ヒカリ」に衝突させる実験。

大地震で家屋や瓦礫がシェルターに降ってくる状況を想定。

⇒衝撃試験動画(等速)

⇒衝撃試験動画(スロー)

⇒耐久力試験の詳細内容

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
製造・販売

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

株式会社 光レジン工業

〒191-0011

東京都日野市日野本町4-10-23

TEL: 042-584-5797(代表)

FAX: 042-584-5786

〒191-0011 東京都日野市日野本町4-10-23

TEL: 042-584-5797(代表)

FAX: 042-584-5786

MAIL: info@shelter-hikari.com

光レジン工業 企業サイト

津波シェルター公式ブログ

津波シェルターFacebook

津波シェルターTwitter

 

コンテンツ一覧

ホーム > ニュース > 2016年 > 4月18日 熊本大地震に伴う納期への影響

熊本大地震影響下での津波シェルター納期について

横浜震災対策技術展の津波シェルター準備その2

【4/18現在、納品&設置工事完了までの所要日数について】

 

皆様こんばんは。シェルター事業部の野中です。

 

熊本の群発地震は深刻さを増して来ており、不明者の全員救出を願うばかりです。

 

そして、無念にも犠牲となってしまった方々のご冥福を、心からお祈り申し上げます。

 

一部専門家より、この群発地震が南海トラフに影響を及ぼす可能性を指摘されている関係からか、弊社シェルター商品へのお問合せが急増しております。

 

オーダーもここに来て急に増えてしまった為、納品までお待ち頂く期間を少し余分に頂いております。

 

今日は、今現在の納期につ いてお知らせすると共に、シェルター設置までの手順を細かくご説明させて頂きたいと思います。

 

まず、製品納入までの手順をご説明致します。

 

①弊社HP経由での見積の依頼をする。

津波シェルター見積もり依頼

 

②設置場所や設置方法(床補強の有無)に関する確認を完了させ、見積額を確定。

 

③賃貸住宅の場合、設置工事が必要な場合は(床の補強等)、大家さんの承諾を得る。

分譲マンションの場合は、管理組合に工事の届出をして頂く。持家の一戸建の場合は不要。

 

④購入申込書を御提出頂く。

 

⑤指定口座への代金着金を確認(工事予定日を確定)。

 

⑥着工・引き渡し。

 

上記が弊社シェルター 商品購入の具体的手順になるのですが、現在、⑤から⑥までの間に、1か月のお時間を頂いております。

 

「最短納期で…」と希望されるお客様が、今は多いだけに、大変心苦しいのですが、事情御賢察の上、何卒御容赦賜りたく、お願い申し上げます。

 

そして、①から④までの作業につきましては、お客様からの見積依頼に始まり、設置現場の状況確認(特に床)など、お客様の協力無しには全く先に進まない手順になりますので、まだ見積の依頼を頂いていない段階で明確な納期を質問して頂いても、無責任な回答になる為、お答え出来ないのが実情です。(目安はお知らせしています)

 

ただ、上記手順について、①から④までの作業を、お客様の協 力により速やかに完了させる事は可能です。

 

ですので、早期の納品を希望されるお客様は、上記①から④までの手順を急いで進めて頂ければ幸いです。

 

因みに、①見積の依頼を行い、②設置場所の確認(デジカメ画像のメールでも確認出来る場合が有ります。又、実際に大工を連れて一度現場にお邪魔させて頂く事も有ります)を完了させ、弊社から提示された見積金額が、当初予算に比べて大幅に超過しているのであれば、③や④に進まなくても大丈夫です。

 

購入契約が成立するのは、④が完了した段階ですので、納期を早めたいと考えられている方は、お気軽に①を済ませて下さい。

 

余程の事が無い限り、今の納品ペースよりも遅延する事は無いと 思いますが、注文が殺到するなど(震災後間も無い頃のノアがそうでした)、何か特別な事情が起こりましたら、改めて皆様に御報告させて頂きたいと思います。

 

以上、今後共宜しくお願い致します。

 

シェルター事業部長 野中浩二

コンテンツ一覧

製造・販売 株式会社光レジン工業

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

〒191-0011 東京都日野市日野本町4-10-23

TEL: 042-584-5797(代表)

FAX: 042-584-5786

MAIL: info@shelter-hikari.com

光レジン工業 企業サイト

津波シェルターHIKARi 公式Facebook

津波シェルターHIKARi 公式ブログ

津波シェルターHIKARi 公式Twitter