新商品 CL-HIKARi

「家の押し入れが防災シェルターに!」お客様の要望から開発された新商品「CLヒカリ」

 

 

各市町村役場

災害対策の

御担当者様へ!

「津波シェルターHIKARiはよく聞くので知っているけど、あのシェルターは

津波救命艇ガイドラインに準拠している製品じゃないから…」

なんて思っていませんか?

大切なお知らせが有りますので、至急このPDFファイルを御一読下さい!

家屋倒壊や津波・土石流災害を心配されている一般の方も、宜しければ

是非御一読下さい。色々と参考になる資料だと思います。

 

ダウンロードはこちら

各自治体向け 津波シェルター助成対象認定検討依頼文書
tsunami_shelter.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 552.6 KB
 

お問い合わせ窓口

津波シェルター「ヒカリ」

・資料/パンフレット請求

・お見積もり依頼(無料)

・取材、販売店のご相談

を受け付けております。

津波シェルター ヒカリ
津波シェルター販売店
地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
価格や商品の特長

地震・津波シェルター「ヒカリ」HIKARiの特長
地震・津波シェルター「ヒカリ」価格・料金・値段
地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
特許情報

津波シェルターHIKARiヒカリ特許証
津波シェルターHIKARi 特許証

特許登録済

第5579336号

意匠登録 第1472794号

商標登録 第5572986号

実用新案登録 第3180913号

⇒特許等の詳細情報

  

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

テレビ番組で紹介

2014/5/10 テレビ朝日

みんなの疑問 ニュースなぜ太郎

テレビ朝日「みんなの疑問ニュースなぜ太郎」で津波シェルターHIKARiが紹介

南海トラフ地震の防災対策として紹介。完全防水、大人4人用、家屋倒壊に備える耐荷重強度22トン、といった基本的な特長に加え、津波浸水の中を安全に避難するための独自スイング機能(内部床のスライド方式)も紹介されました。

⇒放送内容の説明を見る

⇒Facebookで録画を見る

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
耐久力試験を公開中

耐荷重22.4トンを記録!

津波シェルターヒカリの対荷重強度試験

8/20実施 日本大学生産工学部(千葉県習志野市)での耐久力試験で、自動車20台分の「22.4トン」の重量に耐えることを確認。財形新聞ニュースマイナビニュースgooニュースなど多数掲載。

⇒対荷重強度テストの詳細

 

100kg鉄柱が激突

防災・地震・津波シェルター「HIKARi(ヒカリ)」

重さ100kgの尖った鉄柱を落下させ、シェルター「ヒカリ」に衝突させる実験。

大地震で家屋や瓦礫がシェルターに降ってくる状況を想定。

⇒衝撃試験動画(等速)

⇒衝撃試験動画(スロー)

⇒耐久力試験の詳細内容

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)
製造・販売

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

株式会社 光レジン工業

〒191-0011

東京都日野市日野本町4-10-23

TEL: 042-584-5797(代表)

FAX: 042-584-5786

〒191-0011 東京都日野市日野本町4-10-23

TEL: 042-584-5797(代表)

FAX: 042-584-5786

MAIL: info@shelter-hikari.com

光レジン工業 企業サイト

津波シェルター公式ブログ

津波シェルターFacebook

津波シェルターTwitter

 

コンテンツ一覧

ホーム > ニュース > 11月10日 神奈川県総合防災センター展示

 

見出し画像:地震津波用防災シェルターHIKARiヒカリ

神奈川県総合防災センターで津波シェルターを展示

皆様こんにちは。シェルター事業部の野中です。

 

いつも津波シェルターHIKARiのホームページをご覧頂きまして、誠に有難うございます。

 

さて、現在、神奈川県厚木市の「神奈川県総合防災センター」という所に、HIKARiが展示されていますので、今日は、その展示風景を御紹介させて頂きます。



神奈川県総合防災センターの外観

こちらが防災センターの外観になります。

場所は国道22号線沿い。広さにして200〜300メートル四方の、結構凄い施設ですね。

公共交通機関でのアクセスは、小田急線の愛甲石田駅で下車し、神奈中バス(2番バス乗り場 伊勢原駅南口行きまたは平塚駅北口行き)で長沼バス停下車徒歩5分です。

 

 

神奈川県総合防災センターのエントランス看板

防災センターの入り口にある看板です。

開館時間は午前9時00分から午後5時00分、休館日は毎週月曜日(祝日にあたる場合は翌日)です。

防災センターの役割は二つ。一つには、大規模な災害の発生に備えて、広域的、かつ総合的な災害応急活動の中央基地として機能し、災害応急活動に必要な業務を行うことです。


もう一つは、県民への防災意識の啓蒙です。防災センターの館内には「防災情報・体験フロア」が設けられ、地震や津波などの防災に関する知識や技能、防災商品情報などの普及啓発を行っています。


「かながわ防災フェア」という、県民が気軽に参加できるイベントを開催し、起震車による地震体験や、消火器の体験、災害用伝言ダイヤルの利用方法の指導と体験などを行っています。



防災センターのエントランスの空間には、こんなオブジェが鎮座しています。


何か、SF映画やアニメの指令本部に到着した様な雰囲気です。


見学は時間内であれば自由ですので、受付は不要です。入場料も無料。

 

 

神奈川県総合防災センター防災フロアご案内

防災センターへ入館。

まずは、弊社製品を特別展示して頂いた御厚意に感謝です。

さて、我らが「津波シェルターHIKARi」の展示ブースは2階になります。

 

 

防災センター内の家庭防災の知恵コーナー

津波シェルターHIKARiは、防災情報・体験フロア2階の「家庭防災の知恵コーナー」に展示されています。

そのまま進んでみましょう。

 

 

企業から公募した防災用品の展示

「企業から公募した防災用品の特別展示」のブースへ進みます。

 

 

津波シェルターヒカリの防災センター展示

弊社のHIKARiがありました!

さすがは海難救助信号のオレンジカラーです。

少し暗い(たぶんわざと暗くしているんだと思います)展示ブースでも、スポットライトを浴びて、光輝いているではないですか!!!

少し嬉しくなりました。

 

 

防災センターで津波シェルター展示

津波シェルターHIKARiの特別展示は、来年3月末までです。

皆さま、機会がありましたら、是非お立ち寄り下さいね。

宜しくお願いします。



神奈川県総合防災センター公式サイト

津波シェルターの特別展示に関しては、神奈川県総合防災センターの公式ホームページでも紹介されています。


神奈川県総合防災センター

〒243-0026 神奈川県厚木市下津古久280

電話番号 046-227-1700

ホームページアドレス:http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f5115/

 

 

神奈川県防災センターの防災用品展示

津波シェルターなど、企業の防災用品の展示の説明です。

弊社のHIKARiの他にも、「靴の中敷に身元確認、緊急連絡先などのID情報を内蔵し、災害時の救護に役立てようという商品や、車輪にノーパンクタイヤを使用しているので悪路にも耐えられ、発電機・蓄電池としても利用できるという災害用自転車、他には災害避難用のポータブルAC電源や、滑りにくく転倒しにくくさらに蓄光機能があって避難に役立つ床材など、興味深い深い防災用品が多数展示されていました。


(レポート終わり)

 

 

見出し画像:地震津波用防災シェルターHIKARiヒカリ

地震/津波シェルターHIKARi公式サイト コンテンツ一覧

見出し画像:地震津波用防災シェルターHIKARiヒカリ

地震/津波シェルターHIKARi製造 (株)光レジン工業

地震や津波から命を守る防災シェルターHIKARi(ヒカリ)

〒191-0011 東京都日野市日野本町4-10-23

TEL: 042-584-5797(代表)

FAX: 042-584-5786

MAIL: info@shelter-hikari.com

光レジン工業 企業サイト

津波シェルターHIKARi(ヒカリ)公式ブログ

津波シェルターHIKARi(ヒカリ)Facebook

津波シェルターHIKARi(ヒカリ)Twitter